KANAZAWA ADC展
金沢で生まれたデザインとそのアートディレクション

 

KANAZAWA ADCとは、石川県のクリエイティブシーンを盛り上げたいと発足したクリエイティブ団体である。そんなKANAZAWA ADCの展覧会を東京のギャラリーで開催するという。地方のクリエイティブシーンを初めて東京へ持っていく展示会ということで、どう地方の魅力を表現するかに悩まされた。

当時のADC運営リーダーであった斉藤慶さんからは、「自由にやっていい」と聞いていたので、自分なりの「金沢のクリエイティブ」を表現しようとまず思った。当初は、バキバキのカッコよさを打ち出そうと考えたが、東京と金沢のクリエイティブシーンを見比べてみると、東京はシャープでエッジの効いたスタイリッシュな仕事が多いのに対し(あくまでも若かった当時の私の印象である)、金沢は静かにそっとよりそうような印象の仕事が多かったので、そういう「柔らかさ」をメインに打ち出そうと考えた。

 

client : kanazawa ADC
artdirector : Saitou Kei
designer ; Naganeo Yu